気候の変化と日本の言葉

「ふなっしー」は千葉県船橋市の非公認のキャラクターです。

ゆるキャラとして「くまもん」などと同じように全国的に有名になっています。

ゆるキャラはことばを発しないというものがほとんどですが、ふなっしーは自分のことばでしゃべるゆるキャラです。

ふなっしーは、船橋市の名産である梨の妖精で、語尾に「なっしー」とつけるのが独特です。

最初にテレビに出たのはお茶のコマーシャルで、たくさんのゆるキャラの中のひとつでしたが、動きが他のゆるキャラと違って激しく、目立ったためにそのCM監督の目についたというのが、はじめの一歩でした。

その後、テレビ番組のMCに番組出演中に相撲で投げ飛ばされ、その様子を画面で見ていた人々にうけたのでした。

これでいっきに人気が出て、お昼に放送されていた国民的テレビ番組にもレギュラーで出演するほどになったのです。

今では、「くまもん」にも負けないほどの人気のゆるキャラとなり、ふなっしー印のさまざまな商品が売り出されています。